内装解体と現状回復の関係とは


賃貸物件から引っ越しをしたことがある人は、現状回復という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。
現状回復は、店舗やオフィスの賃貸契約でも定められていることが多く、内部を改装して使っていた場合は解体して返却しなければなりません。

借主は、様々な機材を取り付けたり、インテリアを配置して物件を使用しますが、返却時には借りた時と同じようにきれいにして返却する義務があるのです。

自分できれいに出来ればよいのですが、店舗やオフィスとして使用していた物件では個人での現状回復は難しくなります。
個人でしようとすると時間や手間がかかるのはもちろんのこと、問題となるのがいらなくなった機材などのゴミの処分です。

ゴミの処分は現在、仕訳が厳しくなっている自治体が多く、費用もかかり、多くのゴミを個人で捨てるのは難しい状態です。
 また、配管などの設備が難しく、怪我をする危険性も出てきます。

内装解体は個人でするのではなく、業者に依頼し現状回復してもらった方が良いでしょう

内装解体業者をお探しですか?

内装解体工事 | スッキリ計画(有限会社エコライン)
内装解体工事 | スッキリ計画(有限会社エコライン)内装解体が必要となったなら、こちらのスッキリ計画がオススメです。
様々な店舗の内装解体をしており、経験が豊富で、商業ビルから店舗、一般家屋まで扱っています。
不用品の回収もしてくれるので、ゴミの処分も任せることが可能です。

内装解体工事ナビ!ガイド

内装解体工事にまつわる基礎知識や費用面について解説いたします。

新着情報

Comments are closed.